はじめてタイ旅行してきました。ニューハーフショーを見る1日目




6月8日~6月12日 の5日間でタイへ旅行に行ってまいりました。

エクスペディアで予約をしました。

各社いろいろなサイトでプランを検討しましたが、特に安かったのはエクスペディアでした。

航空券代が破格に安かったですね。HISとかも探しましたが、エクスペディアよりも5000円~10000円くらい割高でした。

旅程はこんな感じです。

『往路』
6/8
タイ国際航空 TG683便
東京 羽田 10:35 ⇒ バンコク 15:05(日本時間17:05)
6時間 30 分

『復路』
6/12
タイ国際航空 TG682便
バンコク 22:45(日本時間24:45) ⇒ 東京 羽田  6/13 6:55
6 時間 10 分

ホテルは

バンヤンツリーバンコク

もともとリーズナブルなホテルに泊まろうかと思っていたのですが、
せっかく物価が安い国に来たので、いいホテルに泊まることにしました。

旅費は、ホテルと航空券で 一人あたり なんと 61,484円 でした。

時期も雨期だったし、平日出発でしたのでかなり安い方だと思います。
もっと安いプランだったら一人当たり35,000円のプランもありましたよ。

旅立ちの朝(羽田)

勤続10年が経ちまして…のリフレッシュ休暇をいただくこととなりました。

通算4か国目となる海外旅行です!!

元々、タイ料理が好きでしたのでタイに行くことにしました。

羽田空港到着。 初の国際線ターミナルに戸惑う(笑)

タイ航空のカウンターでチェックイン。

やっぱり日本の航空会社じゃないので 搭乗口までが遠い。

飛び立ちました

飛んでいる途中の眼下に台湾が見えました‼️

タイでの食事を楽しみに、飛行機に乗っておりましたが、機内食でタイ料理が出ました(笑)

まぁ、それを食べるしかないので食べましたが…違う食事にしてくれ(笑)

そしてタイのスワンナプーム国際空港に到着

およそ6時間かけてタイのスワンナプーム国際空港に到着

これから入国審査に向かいます。 毎回海外旅行のたびに思いますが、日本人の入国審査はかなり緩い。 やはり海外に行って悪いことをする日本人が少ないからなのかなーと。

やっぱり入国審査はあっさり終わりました。 iqosが電子タバコの扱いになったら困るなーと(タイでは電子タバコは持ち込みが禁止されているので)思ってたので拍子抜けでした。 まーでもとにかく何事もなくてよかった。

空港の地下の方に進んでいくとバンコクの 中心部へ向かう列車の改札口があります。 タクシーでホテルまで向かっても良かったのですが まあどうせこの後タクシーにはたくさん乗ると思ったので電車で向かうことにしました。

電車のチケット売り場に行ってチケットを購入。 電車の種類は特急と各駅停車の2種類がありました。 特に急ぐ旅ではなかったので 45バーツを払って各駅停車に乗ることにしました。

海の電車は切符ではなくトークンを かざすタイプになっている様です。

BTSから見下ろした景色です。 もっと汚い家ばっかりかなーと思ってたので意外に綺麗でびっくりしました。

バンヤンツリーホテルに到着

ホテルに着きました。 チェックインが終わるとすぐに部屋に荷物を入れバンコクの街に出かけることにしました。

タイといえばニューハーフだったので、まずはニューハーフショーを見に行きたいと思い、ホテルのコンシェルジュにニューハーフショーの予約をお願いして、それからご飯を食べに向かいました。

台湾に行った時は英語がほとんど通じず、コミュニケーションをとるのに苦労しましたが、タイの人はかなり英語が達者でしたので、かなり快適に過ごすことができました。

そして タイにはチップの文化があるため、コンシェルジュに対してチップを40バーツ払って食事に出かけました。

この旅を通してずっと思っていたことですがチップの金額はいくらが良いかがよく分からん。 まあ基本的には20バーツ札1枚渡しておけば大丈夫だと思いますけど。

ホテルから10分ほど歩いた位置にサラデーン駅があります。 その近くにあるバナナハウスというレストランが日本人がよく行くレストランみたいなので行くことにしました。

結構有名な店だったので、お客さんが多いのかなと思いましたが、お客さんは日本人の2組と 我々だけでしたので 結局日本人3組しかお店にはいませんでした。

でも期待していた通り料理はすごく美味しかったです。 トムヤンクンとその下の写真の料理が 特に美味しかったですし、有名だった模様です。

金額も1000バーツくらいでしたので 二人で食事をしてだったら日本より安いねー、 なんてことを言いながらお店を後にしましたが、 その発言がいかにブルジョアな発言 だったかと言うことを翌日以降思い知るのです ‌(笑)

食事を終わらせた私たちはニューハーフショーを見るために、移動を開始しました。 アジアティークという アウトレット施設みたいなところに ニューハーフショーやっているカリプソキャバレーという店に向かいます。

お店を出てすぐ近くのサラデーン駅からサパーンタクシン駅まで電車に乗って向かいます。 サパーンタクシン駅から近くの船着場で アジアティークへ向かう無料の船が出ているので、 それを利用することにしました。

駅を降りて左側の方にずっと進むと

犬っ! その辺 2、3匹犬がいました(笑) タイの野良犬は危険なのか安全なのかわからないので最高に怖かったです。

船の方から何か叫び声がしたので 全員がダッシュし始めました。

なんとか間に合ったようです。

船の中は結構ぎゅうぎゅうでした。

チャオプラヤ川って結構汚いのねー

出発しました。 川沿いに立っているホテルを眺めながら船は進みます。

観覧車が見えてきたらそこアジアティークでした。

お土産を買うには良さそうな店がたくさん立ち並んでいました。

カリプソキャバレーのチケット売り場に到着。

拙い英語でなんとか会話をしている様子です。

お兄さんにチケットを渡して、 会場に進んでいきます。

平日だというのにお客さんは満員でした。

確かにその辺で見る女の人よりも綺麗なニューハーフのお姉さんがいっぱい出ていました。

タイに来たのでニューハーフショーを見たのですが、 確かに華やかなショーですが、 それなりでした。

隣には白人の方がおりましたが、我々が飽きてきたころそちらを見ますと、その白人さんたちもポカーン顔をしておりましたので、やっぱり面白くないんだなーって感じました(笑)

このニューハーフショーに一人1200バーツ払うのはあまりにも高い(泣) 日本円にしたら約4000円。 まー2回目は見ることはないなーと思ったニューハーフショーでした。

 

初日はここで終了してホテルに帰ったのでした。

つづく




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です