はじめてのタイ旅行 2日目 バンコク市内観光編




まずはワットポーへ行きますよー

事前準備で 涅槃像があるワットポーに行きたいと決めておりましたので、 起きてすぐさまワットポーに行くことにしました。

ホテルのコンシェルジュに尋ねると、 チャオプラヤ川からボートに乗って行くのは快適だということなので、 チャオプラヤ川に向かうことにしました。

まずは朝起きてホテルからサパーンタクシン駅までタクシーで移動

台風の焼き鳥みたいなものを 朝食代わりに食べました。 普通に美味しかったよ。

乗り合いの定期便があると聞いて、船着き場まで来ましたが、何が何だかわからないので1人100バーツ払ってほっそい船に乗ることにしました。

正直、「マジこれボッタクリじゃねーか??」と思いましたが、一人330円くらいでしたのでまあいいかと。

細せー船!!段差も高くて乗りにくいし(笑)

いやー

この船さぁ…

沈まないよね(  ̄- ̄)

と一抹の不安を感じながら、地井朗救命ベストを着用しております。

この辺はワットポー近くの船着場まで連れて行ってもらえるようでした

船に乗ってみたら猛スピードで、 飛沫が上がるほどでした

カメラにまで水滴が(笑)

船着場に着いた後ワットポーに向かうであろう外人のグループに ついて行きました

ワットポーに到着

ワットポーに到着

進んで行くと

チケット売り場がありました。 一人100バーツの模様です。

まだタイのお金がよくわかっていないので

100バーツってどれだっけ

あった!

あ、抜かれてる(笑)

2人分ください

よしっ行こう!

ここが有名な涅槃像の入り口です

想像以上のデカさでした

とにかく大きい

逆サイドに回ると、108個の壺が。ここに投げ銭をすると、煩悩が取り去ることができるそうです。

投げ銭するのはバーツではなく1バーツより下のサタンという硬貨です。昔は使われていたそうですが、今は使うことがないそうです。

20バーツで1カゴ、サタン硬貨がもらえます

チャリンチャリン

ワットポーの本堂です。

ひととおり、ワットポー内も見ましたので、外に出ることにしました。

タイの寺院のベーシックな形を見ることができたので、翌日に行く予定のアユタヤ遺跡が、元はどんな形だったかが、よくわかりましたよー

アユタヤに行く前にバンコクの寺院巡りをするのがいいですね。

せっかくバンコクに来たのに…メシ優先のバカ夫婦

次に、エメラルド寺院に行こうと思ってましたが、寺に飽きたのとおなかが減ったので、さっさとバンコク市街に戻ることにしました。

MBK(マーブンクロンセンター)というところの フードコートで昼食を食べることにしました。

ここのフードコートでは、 タイ料理や中華料理などたくさんの種類の食事をとることができるようです。 だいたい一食あたり40バーツから80バーツぐらいで 食べることができました。

昼食を食べ終わった後にマーブンクロンセンター内を散策。 このフロアは携帯電話を取り扱ってるお店ばっかりでした。 中古のスマートフォンなどもたくさんあり、もしかしたら盗難された携帯電話もあるんじゃないかと思わせるほどでした。

奥に進むと東急ストアがあったので中に入ってみました。

やっぱり日本の商品が多かったです

それでも果物はやっぱりタイだなあと思いました

水曜どうでしょうで有名なランブータン

タイへようこそ

熊本の有名なカップラーメンだそうです。 嫁さんが熊本生まれなので(笑)

タイではたくさん安い洋服が売っていましたが、あまり質が良くない洋服がやっぱり多かったです

いよいよジムトンプソンの家に

ウィンドウショッピングが終わったらジムトンプソンの家に向かいました

タイでは 随分有名な人みたいです

微笑みの国の代表(のような笑顔)

ここにいる女の子達全員が、いろんな国の言語を話せるガイドさん達でした

この子ももちろん日本語が喋れるタイの女の子でした。 日本語でのコミュニケーションを完璧で、 留学経験のあるのかと思い、尋ねてみたら日本に行ったことはないそうです。

疲れ果てて、写真撮るのを忘れました(笑)

ジムトンプソンの家に行った後は、疲れ果てて写真を撮る余裕もなく、帰る頃になって少し写真を撮ることができました。

3日目に続く




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください