東京マラソンにインスパイアされております。




人生の師匠

私は、岩手出身ではありますが、大学は仙台でしたので、仙台で学生生活を4年間しておりました。

もちろん一人暮らしでしたので、アルバイトをたくさん行っておりました。そのアルバイト先の一つで、カラオケパブの店員をしていた時期がありました。

私の男としての大事なものを身につけたのが、そのカラオケパブでの経験でございます。

そこでは、大学生の小僧(私)がかっこいい大人達の中に少しだけ混ぜてもらうことができました。

そのカラオケパブのオーナーが、私の人生の師匠でございます。

この人生の師匠の話はおいおいするとして…

その師匠から、ある日LINEが来まして、「店長の○○が東京マラソンに出ることになったから2/25一緒に応援しよう。」とのことでした。

結婚して以降、なかなかお店に顔も出しておりませんでしたので、二つ返事で参加することにしました。



東京マラソンの前日

東京マラソンの受付は、東京ビックサイトで行っておりましたので、ビックサイトへ。

まぁ、その、東京ビックサイトはダーツの大会などで、ずいぶん訪れている場所でしたので、勝手知ったる場所でございましたが…

いつも車で行くので、初めて「ゆりかもめ」で行きました。

ゆりかもめ…まぁ混んでた(´;ω;`)

そらそうですよね。東京マラソンに出る人たちがみんな受付しに行くんですもん。

特に地方から来た人たちは土曜日にしますもんね。

関東圏の人達は、木曜日から受付してるので、平日に行くよねー( ´∀` )

ぎゅうぎゅうのゆりかもめを降りて、いざビックサイトへ。

着くやいなや、参加者の行列がながいながい(笑)参加する○○さんを生温かい笑顔で見送り、企業協賛のブースへGO

ランナーはここから受付でしたが、ここに来るまでの行列がハンパなかった。

にぎやかしの私たちは、ここから入場しました。

入ってすぐのボードには、参加者の一覧が。こんな風に自分や仲間の名前を見つけて写真を撮っている人たちでごった返しておりました。

参加者一覧を通り抜けると、そこからは協賛企業のブースへ。

製薬会社のアボットが、世界の6大メジャーマラソンとオリンピック、世界選手権でのマラソンの順位をポイント化してランキングをつける陸上競技のシリーズ戦である「ワールドマラソンメジャーズ」を主催しており、東京マラソンもその一つのようです。

シリーズで優勝者は、25万USドルを獲得するようですよ。関係ないけどε- (´ー`*)フッ

参加者の記念撮影ブースです。

Asahiドライゼロもろた。

さすが久光

東京メトロ。地下鉄に乗らないと応援できないもんね。

すたーつ。不動産王

BMW。先導者やチャリがBMWでした。

第一生命。ランニングフォームを確認できるイベントをやってました。あんまりマラソンと関係ないよねー

日本光電。心臓が止まった時に使うAEDを売っている企業です。

いつもお世話になっております。仕事柄(笑)

当日もAEDを背負って、立って監視している人や、BMWのチャリに乗ってAEDを背負っている人がいましたよー

やっぱり必要ですねー。AED。

何年か前に、タレントの松村邦洋さんが心臓止まった時に、このAEDがあったから助かったんですよね。スポーツの現場にはぜったいAEDは必要ですよね。

物販コーナー

完走メダルや賞状を飾るためのプレートが売ってありました。

2万円台で売っておりました。師匠は、「2万払うくらいなら、○○(店長の名前)に金やって、店に画鋲で直貼りでいいべや。」とのこと(笑)ま、そうですね。

メダルケース。

一通りブースを見て、受付も終わり帰路につきました…

では終わらないですよね。



壮行会(飲み会)へ

参加の受付も終わり、ゆりかもめは混んでいたのでりんかい線で新橋へ。

新橋で壮行会が執り行われました。

壮行会では、関東在住の人達が私を含め10名弱、

仙台から20名!!

すごいですねー!わざわざ仙台から応援のために来るんですよ!

さすが○○さん!みんなに愛されてますね。

17時くらいから24時くらいまで飲みました(笑)

やっぱり東京マラソンの前日なので、ホテルがとれませんでしたので、町田の自宅に帰ることに。

自宅に着いたのは、1時30分くらいでした。

翌日、集合時間は新宿都庁付近に8時30分。果たして起きれるのか…



二日酔い&寝不足の朝

6時30分に起床しました(´;ω;`)

早く起きるのはまだ大丈夫でしたが、二日酔いが(笑)

とにかく酒を抜くために、風呂に入り準備。やっぱり帰ってきてよかった。

だって昨日の壮行会で、一気飲みしてるからTシャツが汚れてましたので。

なんとか7時20分のバスに乗って新宿へ。

新宿駅に着いて、徒歩で都庁まで行くことに。

絶賛二日酔い中ですので、歩くのがおそいおそい(笑)10分遅れて到着したのでした。



いよいよスタート

到着すると、早く走りたくていきり立っているランナーがたくさんいましたねー。

○○さんのスタートを見守りました。

すかさず、9キロ地点の神田に移動開始!

到着して、○○さんを待ち受けましたが…

ダムの放水みたいに人が走っているので見逃しました( ´∀` )残念。

そこから、応援に行くついでに、月島へ(応援じゃねーだろ)



応援とは関係ないもんじゃ

明太もちチーズが美味しいんです。

昼からもんじゃ&ビールで東京かんこ…ではなく…東京マラソンでした。

観光気分はここまでで、次に30キロ地点へ



マラソンは30kmからが勝負

月島から30キロ地点に移動してきました。

30kmぐらいになると疲労がかなり出てくるので、皆さん険しい顔で通り過ぎていきます。

こちらも自然と「がんばれー」って声をかけちゃいますね。

ここで、○○さんに食料&飲料を渡しラストスパート。

東京駅周辺に移動しました。



感動のゴール

感動しすぎて写真撮り忘れました。

最後の直線では、泣きながらゴールする人や、満面の笑顔でゴールする人など、いろんな感情が爆発したランナーたちをたくさん見ました。

元々走るのは大っ嫌いなわたくしですが、この姿を見てだんだん自分も走ってみたくなるから不思議(笑)

みんなで感動を分かち合い、東京マラソンは終了しました。

今回の東京マラソン見学で、マラソンに対するイメージが360度変わりました(元に戻ってんじゃねーかよ)

180度変わりました!!

マラソン出てみたい!走れるようになりたい!来年は自分の番だ!



新企画発表!!

マラソンをしたくなったので、新企画を考えました。まあ、新企画っつても自分でやるだけなんだけど…

題して、

「ダイエット&フルマラソン制覇の道」

始めます。

まあ、ただダイエットしてフルマラソンに出ようってだけなんですが(笑)

170cm90kgの中年デブがダイエットして、フルマラソンを完走するっていうチャレンジを報告していこうと思います。

こうご期待!

おしまい




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です